常総市

茨城県の南西部に位置する常総市は、自然と歴史に恵まれたまちです。平成18年1月に水海道…

常総市

茨城県の南西部に位置する常総市は、自然と歴史に恵まれたまちです。平成18年1月に水海道市と結城郡石下町が合併し、誕生しました。 市の木は「カシ」、市の花 は「桜」。行政情報、季節の話題、地域の話題、各種イベント情報などを発信します。

マガジン

  • 第22回常総千姫まつり&蕾咲祭

    このマガジンは令和6年5月12日に開催した「第22回常総千姫まつり」と同日に開催した高校生がプロデュースしたイベント「蕾咲祭」の当日の様子をまとめたものです。 ここ以外にも、市公式Instagram(アカウント名:joso_city)にも掲載していますので、そちらも是非ご連絡ください。

  • 中学生が常総市の社会課題を解決する

    このマガジンは、市が抱える様々な社会課題を解決するために立ち上がってくれた、中学生へのインタビューをまとめたマガジンです。

  • REAL VOICE|10年後の持続可能な地域づくり

    常総市では,地域の持つ可能性を発見し,従来の枠にとらわれない発想でそれらを強力に活かしていく地方創生時代の職員・組織を創ることを目的に,「地域経営をリードするための人材マネジメント部会」へ参加しています。 2023年度は「10年後の持続可能な地域づくり」をテーマに主に市内の最前線で活躍される方にスポットを当て当事者の思いを研究に活かしています。 本マガジンでは,研究のプロセスとして行っているインタビューの内容を記事にしています。

  • 白球の系譜

    8月6日から23日まで阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催された全国高校野球選手権記念大会。 茨城県代表として出場した土浦日本大学高等学校硬式野球部は茨城県勢として20年ぶりとなる4強入りを果たしました。 そんな土浦日本大学高等学校硬式野球部を率いた、当市出身の小菅監督と当市在住の丸林コーチへのインタビュー記事のマガジンです。

  • 令和5年度常総市中学校総合体育大会

    令和5年度常総市中学校総合体育大会の各競技ごとの記録です。 市公式Instagramでも当日の様子を公開しています。 ↓市公式Instagram https://www.instagram.com/joso_city/

ウィジェット

リンク

第22回常総千姫まつり&蕾咲祭

このマガジンは令和6年5月12日に開催した「第22回常総千姫まつり」と同日に開催した高校生がプロデュースしたイベント「蕾咲祭」の当日の様子をまとめたものです。 ここ以外にも、市公式Instagram(アカウント名:joso_city)にも掲載していますので、そちらも是非ご連絡ください。

くわしく見る
  • 3本

6名の千姫さまに話を聞きました

今年の常総千姫まつりでは、新しく観光大使千姫さまに加わった清水さん、野村さん、森田さんの3名がお披露目となりました。 昨年から引き続き、青木さん、中島さん、松藤さんの3名の観光大使も活動していただきますので、今年は6名の観光大使で各種イベントへの参加等を通じ、市の魅力を発信してもらいます。 第22回常総千姫まつり終了直後に、6名の観光大使千姫さまにイベントの感想を聞きました。 青木 優希 (あおき ゆうき) 常総千姫まつり、天樹祭へご来場いただき誠にありがとうございま

スキ
5

高校生がプロデュースしたイベント  ~蕾咲祭~

第22回常総千姫まつりと同日開催した、高校生がプロデュースするイベント「蕾咲祭」 白紙の状態から高校生が企画・立案を行い、趣向を凝らした内容で大盛況で幕を閉じた今年の蕾咲祭。 ここでは当日の写真を掲載しています。 市公式Instagramにも当日の様子を掲載していますので、そちらもご覧ください。 常総市公式Instagram

スキ
3

第22回常総千姫まつりを開催しました

5月12日に第22回常総千姫まつりが開催され、時代衣装に身を包んだ観光大使千姫さまの優雅な姿に大勢の人が見入っただけでなく、歌や踊りなどのステージイベントが開催され、約13,000人の来場者が「常総千姫まつり」を楽しみました。 市公式Instagramにも当日の様子を掲載していますので、そちらもご覧ください。 常総市公式Instagram オープニングアクト弘経寺市民の広場千姫さまご回遊

スキ
3

中学生が常総市の社会課題を解決する

このマガジンは、市が抱える様々な社会課題を解決するために立ち上がってくれた、中学生へのインタビューをまとめたマガジンです。

くわしく見る
  • 3本

中学生が常総市の社会課題を解決する 茨城県立水海道第一高等学校附属中学校【道の駅チーム】

中学生の発想が常総市の社会課題を解決する子育て ゼロカーボン ごみ問題 水防災 道の駅 市が抱える様々な社会課題を解決するために、中学生が立ち上がってくれました。 茨城県立水海道第一高等学校附属中学校の2学年の生徒が、探究活動の一環として、市が抱える様々な課題を解決するため、高校生や市役所職員へインタビューを行い、それを基に課題を解決するためのアクションを中学生ならではの目線で起こしてくれました。 アクション実行までには、市長へのプレゼン、実行に向けた市役所の関係課との

スキ
3

中学生が常総市の社会課題を解決する 茨城県立水海道第一高等学校附属中学校【子育てチーム】

中学生の発想が常総市の社会課題を解決する子育て ゼロカーボン ごみ問題 水防災 道の駅 市が抱える様々な社会課題を解決するために、中学生が立ち上がってくれました。 茨城県立水海道第一高等学校附属中学校の2学年の生徒が、探究活動の一環として、市が抱える様々な課題を解決するため、高校生や市役所職員へインタビューを行い、それを基に課題を解決するためのアクションを中学生ならではの目線で起こしてくれました。 アクション実行までには、市長へのプレゼン、実行に向けた市役所の関係課との

スキ
1

中学生が常総市の社会課題を解決する 茨城県立水海道第一高等学校附属中学校【ごみ問題チーム】

中学生の発想が常総市の社会課題を解決する子育て ゼロカーボン ごみ問題 水防災 道の駅 市が抱える様々な社会課題を解決するために、中学生が立ち上がってくれました。 茨城県立水海道第一高等学校附属中学校の2学年の生徒が、探究活動の一環として、市が抱える様々な課題を解決するため、高校生や市役所職員へインタビューを行い、それを基に課題を解決するためのアクションを中学生ならではの目線で起こしてくれました。 アクション実行までには、市長へのプレゼン、実行に向けた市役所の関係課との

スキ
8

REAL VOICE|10年後の持続可能な地域づくり

常総市では,地域の持つ可能性を発見し,従来の枠にとらわれない発想でそれらを強力に活かしていく地方創生時代の職員・組織を創ることを目的に,「地域経営をリードするための人材マネジメント部会」へ参加しています。 2023年度は「10年後の持続可能な地域づくり」をテーマに主に市内の最前線で活躍される方にスポットを当て当事者の思いを研究に活かしています。 本マガジンでは,研究のプロセスとして行っているインタビューの内容を記事にしています。

くわしく見る
  • 4本

REAL VOICE#4 日常的に“ふれあえる”鉄道を目指したい|関東鉄道株式会社 水海道駅管区駅長 中島義則さん

鉄道が生活の一部だった幼少期―中島管区駅長が関東鉄道で働き始めたきっかけはありますか? 実は私の実家が水海道駅のすぐ近くで、父親が常総線の運転士をしていたんです。小さいころから列車を見ていますから、鉄道は私にとって生活の一部でした。幼稚園に通う頃から将来は運転士になりたいと思っていました。また、学校に通う年齢になれば、父親が運転する列車が分かるわけです。そうすると「なんかやっぱりいいなぁ」と思うわけです。父がいたことで普通の人以上に鉄道は身近にありました。あとは、やはり地元

スキ
34

REAL VOICE#3 教育は未来への投資|教育委員会学校教育課 金子浩也さん

常総市では、地域の持つ可能性を発見し、従来の枠にとらわれない発想でそれらを強力に活かしていく地方創生時代の職員・組織を創ることを目的に、「地域経営をリードするための人材マネジメント部会2023」へ3名の職員が参加しています。 常総市の「10年後の持続可能な地域づくり」をテーマにインタビューをしている本マガジン“REAL VOICE”。今回は学校適正配置などに取り組む教育委員会学校教育課の金子浩也主査兼係長へインタビューしました。 学校現場を支える縁の下の力持ちQ:金子さんは

スキ
18

REAL VOICE#2 感動する道の駅を目指して 道の駅常総 駅長 須田裕次郎さん(道の駅常総指定管理者:株式会社COLLECT所属)

常総市では、地域の持つ可能性を発見し、従来の枠にとらわれない発想でそれらを強力に活かしていく地方創生時代の職員・組織を創ることを目的に、「地域経営をリードするための人材マネジメント部会2023」へ3名の職員が参加しています。 常総市の「10年後の持続可能な地域づくり」をテーマにインタビューをしている本マガジン“REAL VOICE”。今回は4月にグランドオープンした道の駅常総の駅長須田裕次郎さんにお話を伺いました。 入社後6年間培った経験を活かして道の駅常総へQ:須田さんは

スキ
23

REAL VOICE #1 人に寄り添う外国人総合窓口を目指して|市民課 佐藤ローザさん(会計年度任用職員)

 常総市では、地域の持つ可能性を発見し、従来の枠にとらわれない発想でそれらを強力に活かしていく地方創生時代の職員・組織を創ることを目的に、「地域経営をリードするための人材マネジメント部会2023」へ3名の職員が参加しています。この令和5年度人材マネジメント研究会では「10年後の持続可能な地域づくり」をテーマに研究を進めています。様々な視点から常総市の置かれる立ち位置や進むべき道を導き出すためにどうすべきか議論を重ねています。  この度私たち参加メンバーは、市の最上位計画であ

スキ
30

白球の系譜

8月6日から23日まで阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催された全国高校野球選手権記念大会。 茨城県代表として出場した土浦日本大学高等学校硬式野球部は茨城県勢として20年ぶりとなる4強入りを果たしました。 そんな土浦日本大学高等学校硬式野球部を率いた、当市出身の小菅監督と当市在住の丸林コーチへのインタビュー記事のマガジンです。

くわしく見る
  • 2本

白球の系譜 ~土浦日本大学高等学校 硬式野球部 小菅監督~

 8月6日から23日まで阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催された全国高校野球選手権記念大会。  茨城県代表として出場した土浦日本大学高等学校(以下、土浦日大)硬式野球部が茨城県勢として20年ぶりとなる4強入りを果たしました。  広報常総10月号では、そんな土浦日大硬式野球部を率いた、当市出身の小菅勲監督と、監督の教え子であり、チームの参謀役として勝利に貢献した、当市在住の丸林直樹コーチに話しを聞きました。 Q:春夏通じて学校として初の4強入りを果たした感想をお聞かせくださ

スキ
22

白球の系譜 ~土浦日本大学高等学校 硬式野球部 丸林コーチ~

 8月6日から23日まで阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催された全国高校野球選手権記念大会。  茨城県代表として出場した土浦日本大学高等学校(以下、土浦日大)硬式野球部が茨城県勢として20年ぶりとなる4強入りを果たしました。  広報常総10月号では、そんな土浦日大硬式野球部を率いた、当市出身の小菅勲監督と、監督の教え子であり、チームの参謀役として勝利に貢献した、当市在住の丸林直樹コーチに話しを聞きました。 Q:丸林コーチはどのような経緯でコーチとなったのでしょうか。 丸

スキ
19

令和5年度常総市中学校総合体育大会

令和5年度常総市中学校総合体育大会の各競技ごとの記録です。 市公式Instagramでも当日の様子を公開しています。 ↓市公式Instagram https://www.instagram.com/joso_city/

くわしく見る
  • 9本

令和5年度常総市中学校総合体育大会【剣道】

令和5年度常総市中学校総合体育大会の各競技ごとの記録です。 市公式Instagramでも当日の様子を公開しています。 ↓市公式Instagram https://www.instagram.com/joso_city/

スキ
4

令和5年度常総市中学校総合体育大会【ハンドボール】

令和5年度常総市中学校総合体育大会の各競技ごとの記録です。 市公式Instagramでも当日の様子を公開しています。 ↓市公式Instagram https://www.instagram.com/joso_city/

スキ
4

令和5年度常総市中学校総合体育大会【バレーボール】

令和5年度常総市中学校総合体育大会の各競技ごとの記録です。 市公式Instagramでも当日の様子を公開しています。 ↓市公式Instagram https://www.instagram.com/joso_city/

スキ
5

令和5年度常総市中学校総合体育大会【サッカー】

令和5年度常総市中学校総合体育大会の各競技ごとの記録です。 市公式Instagramでも当日の様子を公開しています。 ↓市公式Instagram https://www.instagram.com/joso_city/

スキ
3