続・新しい「かたち」…
見出し画像

続・新しい「かたち」…

待ちに待った水海道第四保育所が、3月29日(月)にオープンしました。

去る11月24日に移転した水海道第一・第二保育所と同様、小学校の敷地内に整備を行ってきましたが、2つの保育所と比較すると整備面積が大きかったことから、少し遅れての新園舎で保育スタートとなりました。

画像6

所庭に咲いているたんぽぽを自慢げに見せてくれています。


画像6

今日の給食は、天気が良いのでお外で食べる準備をしています。


画像6

ブルーナカラーを意識した鮮やかなトイレです。


画像6

日差しが明るく降り注ぐ新しい保育室で、おいしい給食の時間です。


画像6

3歳未満児が所外へお散歩に出かけています。


画像7

きれいでステキな流し台で手を洗います。


画像10

さあ、小学校の校庭を探検だ。


水海道第五保育所の民営化

令和3年度から水海道第五保育所は、「みなみさくら保育園」として民間事業者である社会福祉法人石下福祉会に移行し、新たな保育を行っています。
今後は、仮設園舎を建設し安全性を確保した上で、令和4年度中に新園舎建設し、子どもたちの健やかな成長のために、安心安全な保育運営を行っていきます。

画像8

画像9

これからお散歩に出かけます。仲良く手をつないでいってらっしゃい。


今後について

現在、庁内の検討組織において旧保育所の跡地と旧幼稚園の跡地と合わせて、利活用の取り組みを行っているところです。
先進事例の研究を行い、地域の財産となるような利活用ができるよう検討するとともに、民間事業者の意向を調査しながら地元への丁寧な説明に心掛けて進めて参ります。

なお、詳しい内容については、常総市の広報常総5月号へも掲載しておりますので、下記URLからご覧ください。

http://www.city.joso.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/48/kouhou202105.pdf 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。常総市の情報は市公式HPでもご覧いただけます。

とてもうれしいです~
茨城県の南西部に位置する常総市は、自然と歴史に恵まれたまちです。平成18年1月に水海道市と結城郡石下町が合併し、誕生しました。人口は約6万3千人。市の木は「カシ」、市の花 は「桜」。行政情報、季節の話題、地域の話題、各種イベント情報などを発信します。