はじめまして!常総市ふるさと納税です。
見出し画像

はじめまして!常総市ふるさと納税です。

常総市

画像1

はじめまして。茨城県常総市ふるさと納税担当の松﨑です。
ふるさと納税に関するマガジンを配信いたします!

ふるさと納税とは

ふるさと納税制度は、「生まれ育ったふるさとに貢献できる制度」、「自分の意思で応援したい自治体を選ぶことができる制度」として創設されました。


ふるさとに限らず、応援したい自治体に寄付をすることができます。

また、ふるさと納税の理念として三つの意義が挙げられています。

ふるさと納税には三つの大きな意義があります。
 第一に、納税者が寄附先を選択する制度であり、選択するからこそ、その使われ方を考えるきっかけとなる制度であること。
それは、税に対する意識が高まり、納税の大切さを自分ごととしてとらえる貴重な機会になります。
第二に、生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域に、これから応援したい地域へも力になれる制度であること。
それは、人を育て、自然を守る、地方の環境を育む支援になります。
第三に、自治体が国民に取組をアピールすることでふるさと納税を呼びかけ、自治体間の競争が進むこと。
それは、選んでもらうに相応しい、地域のあり方をあらためて考えるきっかけへとつながります。


自己紹介

2021年4月から、ふるさと納税担当課が財政課から常創戦略課に変わりました。
私もそれに合わせて4月から担当になりました。どうぞよろしくお願いします!

市では、ふるさと納税を3者にとって魅力がある制度だと捉えています。
・寄付者様・・・税金の控除、返礼品がもらえる
・市内事業者・・・事業者名・商品の宣伝や販路の拡大
・市・・・「こんなに素晴らしいものが常総市にあるんだよ!」という市のPR
このような良い機会として捉えて、取り組んでいきます。

メリット

市の紹介

簡単に常総市の紹介をします。
本市は茨城県の南西部、都心から55キロメートル圏内に位置しています。
気候は、太平洋型の気候であり、四季を通じて穏やかです。
本市のほぼ中央には一級河川の鬼怒川が流れており、東部の低地部は広大な水田地帯となっています。西部は丘陵地となっており、集落や畑地、平地林が広がっていますが、住宅団地や工業団地、ゴルフ場なども造成され、近郊整備地帯として都市機能の強化も図られています。

道路体系は、本市のほぼ中央部には首都圏中央連絡自動車道(圏央道)が開通し、広域道路網の整備が進んでいます。鉄道については、南北に関東鉄道常総線が走り、取手方面と下妻・筑西方面を結び、守谷においてつくばエクスプレスと接続し、東京都心などへの所要時間の短縮により通勤圏の拡大が進んでいます。

みんなでつくる しあわせのまち じょうそう
~あの人がいるから  ❤  このまちがすき~
を将来の都市像に掲げ、まちづくりを進めています。

画像3

お伝えしたいこと

・ふるさと納税の返礼品を提供する事業者がどのような想いで取り組んでいるのか
・新しく加わったお礼の品、特色のあるお礼の品
・市の取り組み
ふるさと納税に関することをお伝えできればと思います!

読んでもらいたい方

・市外にお住まいの方・・・常総市を知っていただき、ふるさと納税をする際のきっかけにしてもらえればと思います。
・常総市のご出身の方・・・懐かしいお店の名前が出てくると思います。お楽しみください。
・常総市にお住まいの方・・・返礼品を募集していますので事業者の方はご連絡ください。常総市ふるさと納税の応援をお願いいたします。 
※ただし、常総市民が常総市に寄付をしても返礼品はもらえませんのでご注意ください。

これからの記事にご期待ください!!

この記事が参加している募集

自己紹介

ふるさと納税の話

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。常総市の情報は市公式HPでもご覧いただけます。

”スキ” ありがとうございます!
常総市
茨城県の南西部に位置する常総市は、自然と歴史に恵まれたまちです。平成18年1月に水海道市と結城郡石下町が合併し、誕生しました。人口は約6万3千人。市の木は「カシ」、市の花 は「桜」。行政情報、季節の話題、地域の話題、各種イベント情報などを発信します。