ロマンにあふれた風景からみえたもの
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ロマンにあふれた風景からみえたもの

農政課の平塚です。
走りつづける街のマガジン「Trial」
今回は,先月水海道あすなろの里で開催された「ロマンチストとシャングリラ2020」に焦点をあてていきたいと思います。

画像2

今年も水海道あすなろの里でロマンチストとシャングリラが開催されました。
昨年を超える熱気と会場の一体感。
感染防止対策の中,あすなろの里の「新しい生活」の一幕が垣間見えた瞬間でした。

#未曽有の“壁”をのり越える

ロマンチストとシャングリラ。
これは,水海道あすなろの里で昨年から開催されている,キャンプができる音楽フェスの名称です。昨年,市が行った公共施設を無償で暫定利用できる取組「トライアル・サウンディング」を活用し,公共空間における音楽的利用の可能性をはかる取組として始まったものでした。

昨年12月に初めて開催され,冬場ながら,普段グラウンドとしてしか使用されていなかった場所に音楽フェス・キャンプサイトの空間が生み出されました。

画像1

(昨年のアーティストセッションの様子)

音楽アーティストも,フードやクラフト出店者も,来場者もみんなすべてが一体になってアウトドア空間を楽しむ。
水海道あすなろの里の今後の展開の可能性が「風景」として生み出された2日間でした。

そんな昨年の開催から,3か月後。
新型コロナウイルスは日本国内でも急激に感染が拡大,水海道あすなろの里をはじめとした市の公共施設は一定期間の休園を余儀なくされました。

緊急事態宣言解除後も感染防止対策の整備や,対面・接触の多い体験を中止するなど,「新しい生活」に向け,動きが日々加速しています。

#5月に開催するはずだったが…

ロマンチストとシャングリラも例外ではありませんでした。
冬の開催を経て,次期開催を年明けから練っていた主催者と市農政課は,開催の目標を5月中旬に定めていました。

しかし,その中での新型コロナウイルスの拡大。
ロマンチストとシャングリラ2020の開催も延期となりました。

画像4

#消えかけた灯火

新型コロナウイルスの感染拡大は,全国的にさまざまな場面で多大な影響を及ぼしています。
音楽フェスなどにおいても,例外ではなく,さまざまな地域でライブイベントの中止が相次ぎました。

音楽の灯火が消えかけていたのです。

画像3

何もできないのか。
いまできることはないのか。

企画開催の検討が止まっている中,会場となる水海道あすなろの里の施設を担当する私は,イベントを主催する音楽アーティスト「OWLMAN BLOSSOM」の二人の内なる想いを強く感じていました。

ー音楽をその場にいるすべての人で感じあいたいー

ーみんなが一体になって音楽を楽しめる場所をつくりたいー

事態は夏に向けて少し好転します。

新型コロナウイルスの感染拡大が少し鈍化し,県が発出する感染対策ステージも緩和。
11月6日~7日を延期後の開催目標としました。

#生み出された一体感と将来の風景

画像5

晴天に恵まれた週末。
開催当日は20~30張ほどのテントサイト,様々なフードやクラフトショップが集まる盛況。
人と人の間隔を確保し,それぞれが互いを大切にする。
その中でも音楽とアウトドアという2つの旗のもとに集まった方々の素敵な一体感が会場を包んでいました。

画像6

今回開催された,ロマンチストとシャングリラは,市主催のイベントでも,水海道あすなろの里主催のイベントでもありません。
水海道あすなろの里という「行政財産」を民間事業者(または民間の個人)が使用申請し,許可を受けて実施をする,民間提案型のイベントです。

行政が主催するイベントに比べ,民間主催者によるイベントは,企画自由度が高いことからイベントにおけるニーズの捕捉や企画を実施する際のフットワークが軽い傾向があると感じています。
アウトドアにおける空間の活用は日々さまざまな可能性が示されています。昨年から続いて,今回,こうした公共の屋外空間の活用をしていただけたことは,常総市にとっての一つの価値になると感じています。

市における公共空間は,水海道あすなろの里だけではありません。
だからこそ,水海道あすなろの里におけるこういった活用事例が,市の公共空間活用のきっかけになったら嬉しいと感じています。

もちろん,水海道あすなろの里においての公共空間の活用はまだまだ止まりません。
常総市農政課では,水海道あすなろの里の公共空間を活用したいというご相談に随時お応えいたします。

公共空間の活用の「ロマン」が詰まった2日間に想いを寄せて。
これからたくさんの「シャングリラ」のような風景が見られることを信じて。

常総市では公共空間の利活用を積極的に推進してまいります。

この記事が参加している募集

私の仕事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。常総市の情報は市公式HPでもご覧いただけます。

もっとスキになってもらえるようにがんばります♡
茨城県の南西部に位置する常総市は、自然と歴史に恵まれたまちです。平成18年1月に水海道市と結城郡石下町が合併し、誕生しました。人口は約6万3千人。市の木は「カシ」、市の花 は「桜」。行政情報、季節の話題、地域の話題、各種イベント情報などを発信します。